印鑑の種類と役割

印鑑は、個人名や会社名などが素材に掘ってあり、書類などに「しるし」として押し、特別の痕跡を残すことでその書類の責任を証明します。印鑑の素材はいろいろあり、合成樹脂や木、金属や動物の角や牙などが使われます。印鑑には様々な種類と役割があります。個人実印は、住民登録のしてある役所に印鑑登録をすることにより法律的な効力をもちます。役所から印鑑証明書がとれる印鑑のことを実印といい、必ず戸籍上の本名を彫った印鑑でなくてはなりません。

個人銀行印は、金銭の受け渡しなどで金銭管理をする上で重要になる印を銀行印と呼んでいます。大切な管理になるので、流通しているような印鑑では受付をしない場合があります。耐久性にすぐれた素材の印鑑を使うと良いでしょう。個人認印は、家庭や会社で荷物を受け取る証明に必要になる印のことをいいます。スタンプタイプの浸透印でもかまいませんが、捺印をする以上は責任がありますので、受取をする際は名前や住所をしっかり見ましょう。個人訂正印は、契約書など書類の文言を訂正するときに使います。会社実印は、会社や団体の代表者の印です。会社を新しく法人化するときに提出し届ける大事な印鑑です。

会社角印は、会社の印鑑の中で一番使用頻度が高い印でしょう。実印より大きくて方形のものが多いですが、領収書や契約書、請求書などに使われるものです。会社銀行印は、預金の出し入れや振替、小切手や手形など大切な銀行取引などに用いられます。このように、様々な種類がある印鑑について詳しくみてみましょう。

<印鑑関連サイト>
会社角印、会社銀行印など急に必要になった際に役立つ印鑑の通販サイトです ---> 印鑑 通販

 

Copyright © 2014 いろいろな印鑑 All Rights Reserved.